スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

How to train your dragon

How to train your dragon 3Dみてきました
評価:★★★★★
how_to_train_your_dragon_ver31.jpg

シュレックやカンフー・パンダを作ったあのドリームワークスが作ったリロ・アンド・スティッチの人の最新作らしいHow to train your dragon
なぜかやたらと評価が高く、99%の評論家と98%の一般視聴者が面白かったと答えているのだ

ストーリー:ドラゴンと戦うことがすべての島、バーク島に住む早朝の息子、ヒカップはいつか一人前のバイキングになろうと夢見ていた。だが彼はひ弱で斧も剣も持てないため、代わりに大砲を作り、それでドラゴンを撃ち落とすことに成功する。ところが、優しすぎる彼はドラゴンに止めを刺せずに逃がしてしまう。しかし、そのドラゴンはヒカップが魚をあげたことによりなついてしまい、彼らはお互いに心を開いていく。そしてヒカップはドラゴンの本当の性格を知っていくことになる。






関係ないんだけどこの映画の予告編にあったこの映画が映画的には面白くなさそうんだけどビジュアルがゲームっぽくていいなと思った
スポンサーサイト

Paranormal Activity

Paranormal Activity 評価:★★★★☆
pa2.jpg


郊外のある家に引っ越すなり、謎の怪奇現象に悩まされていたケイトとミカは、亡霊の証拠を押さえるためにケイトとミカはビデオカメラを家に設置することにする。これから起きる恐怖への準備をできないまま・・・





今まで見た中で最高のホラー映画でした(今まで見たホラー映画が5本にも満たないから)
昼の場面では登場人物がいろいろなことをしゃべり自分の家について調べたり、自分のことについて話してみたり新しく買ったカメラを遊んでいるのだけど、夜の場面になると必ず何かがおきる
”何日目の夜”と表示されたあとに必ず何かが起こるとわかっているのでその瞬間が一番緊張して怖い
これはファイナルディスティネーションにも同じことを思ったけど焦らして怖がらせるのは最近のトレンドなのかな?
とにかく、音で怖がらせるのがメインの映画ではない
ちなみにこの映画で覚えた新しい単語”Demonologist” アメリカではこんないんちきくさい人にも単語が割り振られているのね


この映画はもともとインディーズの映画祭に出された制作費120万くらいの映画だったのが、あまりに出来がよかったためにドリームワークスがリメイク権を買い、リメイクしようとしたんだけどあまりの怖さにリメイクできなかったーということでそのまま上映した映画らしい
たしか封切は10月後半で、そのときはアメリカ全土で150館しか上映してなかったのに興行成績5位に食い込み、次の週では760館に増え興行収入は上がり3位へあまりの好評ぶりに公開映画館は増え、1945館へ増やし、3週目だというのに1位を獲得するという口コミと評判で売り上げと公開館数がうなぎのぼりになるというものすごい事を達成しています

Where the wild things are

Where the wild things are(かいじゅうたちのいるところ) 評価:★★☆☆☆
where_the_wild_things_are_ver2.jpg


家でも学校でも誰からも理解されないやんちゃな少年MAXは壮麗で、たまに獰猛なかいじゅうたちのいる島へ逃げ出す。かいじゅうたちはMAXをリーダーにしてあげ、MAXはみんなが幸せになれる王国を作ると約束する。しかしMAXはすぐ王様になること、かいじゅうたちと一緒にいることが簡単ではないことに気づく。



なんていうか何を言おうとしているんだか全くわからない映画でした
わかるにはわかるんだけど何かいろいろと足りない・・・
ちなみに元は有名な児童書だとか
ただしかいじゅうたちのCGはすごくよくできてる CGに興味があるなら見に行くといいかも
CGに興味あるなら2012いったほうがもっとすごいけどな

This is it

Michael Jackson's This is it みてきました
評価:★★★★☆

This is it というのはマイケルが次に公演する予定だったコンサートの名前で、この映画はそのリハーサルを撮影した物をまとめたものとなっています
マイケルのステージ→スタッフとの打ち合わせというのを繰り返してステージの裏側も映していくという形でドキュメンタリー映画として仕上がっています
マイケルジャクソンのファンならぜったいに見る価値がありますが、そうでないなら別の物を見た方がいいかも知れません
なぜなら2時間10分という長さな上マイケルが踊り歌いまくるだけという映画といえばたしかにそうので、ファンなら2時間10分どころか3時間4時間踊り歌いまくられるだけで幸せですが、そうでなければリズムのいい音楽と気持ちのいい椅子と暗い明かりのせいでネバーランドへいきかねません

この映画の中ではまさか50歳でもう死んでいるとは思えない華麗なステップで踊るマイケルを見ることができます
全ての曲を知っていれば新しい曲が始まるたびに興奮できます
ちなみにエンドロール後も小さなおまけがあるので・・・長い映画だからって途中で立たないように


Michael Jackson's This Is It in HD

Trailer Park | MySpace Video

Distorict 9

district_9_11.jpg
評価:★★★★★

SF+エイリアンムービー「District 9」
ああ・・・またエイリアンものか・・・なんて思って見に行ったら面白すぎた

正直エイリアンが地球にやってきて地球人とエイリアンが戦う話だと思っていたら・・・じつはエイリアンが28年前に地球に来ていて、多国籍政府のエージェントが28年前に来た宇宙人が隔離されている9番地区(District 9)に送られるというお話でした

普通宇宙人は攻めてくるものだと思っていたのに既に地球に移住してきて難民化しているというところもわりと斬新ですが・・・話が進むにつれて今までに無いエイリアン映画を体験できることでしょう

日本での公開はいつになるのかな?タイトルはきっと「ディストリクト ナイン」とか「9番地区」とか「エイリアン~謎の宇宙船~(笑)」になるかな 邦題(笑)

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。