スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾式プレイングカード

例によって台湾人たちとチャイナタウンへいき、待ち合わせている間に台湾のトランプで遊ぶことに
なんと基礎はほとんど日本のものと同じ
しかし微妙にルールが違う

台湾式7ならべ
1.カードをすべて全員に均等に配る
2.場には何も出さずに、7を持っている適当な人からスタート
3.あとは普通に7並べ ただし場には何もないので7から出していく
4.出すものがなくなったら適当なカードを1枚自分の前に伏せる
5.全員出し終わったら伏せたカードを表にしてカードの合計の数が一番少ない人が勝ち

ちなみにカードは7を中心にたてに並べていく(日本では横)

台湾式大富豪
1.カードをすべて全員に均等に配る
2.3→4→5…→K→A→2の順の強さで出し方は大富豪と同じ
3.マークにも強さがありクローバー→ハート→ダイヤ→スペードの順で強い(なので4のクローバーのあとに4のスペードを出したりできる)
4.イレブンバックや縛りなどのローカルルールはおろか8切り、革命、富豪・貧民でのカード交換すらない単純ルール ただし階段はある
誰も出せなくなったら場を切る なんてことはしないのでNBAの試合のように非常にゲームテンポが早い
もちろん最初にカードをなくしたひとがかち

台湾式ダウト
1.カードをすべて全員に
2.最初に場に出す人は好きなカードの数字と枚数を言って最大3枚までのカードを場に出す
3.次の人も同じ数字のカードを最大3枚まで宣言しながら出す
4.最後に出した人がうそをついていると思ったら最後に出したカードすべてをめくりたしかめる
5.嘘をついていなかったらめくった人が、嘘であれば最後に出した人が場のすべてのカードを受け取り、カードを受け取らなかったほうの人からまたカードを場に出し続けていく
6.もし同じ種類のカードが4枚集まったらまとめて伏せて机の隅に置いておく
これが非常に盛り上がる
いかに人をだますか、本当を見極めるか
とくに日本版ダウトのように永遠と続かないところがいい
スポンサーサイト

US AIRFORCE

American Dadをみていたら間に入っていたUS AIR FORCE(アメリカ空軍)のCM
さすがFOX

「ハリウッドでこの技術を見たことがあることがあるだろうが、これはサイエンスフィクションではなくアメリカ空軍が毎日行っていることである。」

「Type14、待機せよ。」
「どうしたんだ?」
「無人偵察機が敵のスナイパーを発見した。」
「了解、行くぞ!」

「これはサイエンス・フィクションではない。」
「アメリカ空軍が毎日行っていることである。」

うーむ かっこいい

日本もこんなアホCM作ってる暇があったら映画監督でも雇ってカッコいいCM作れよ
アニメの殿堂の金を少し宣伝費にあててやってくれ
↓こんなアホCM


なんとなく日本じゃ自衛隊がカッコよく銃撃つシーンとかをCMに使えない気がする
でもアメリカ空軍のCMは別に銃撃ってないし撃たなくってもカッコよく見せれるはず
だいたい同じようなことをやってるんだしいい監督がいれば同等のものが作れるはず・・・!

それにしてもアメリカ空軍は広報をがんばってるな
MODDBみたいなところにも出撃してスポンサーになってるし・・・

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。