スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空想科学少年2525

ポルノグラフィティといえばアゲハ蝶よりアポロよりメリッサより空想科学少年が好きなんですけど

主に歌詞が好きです

どうでもいいけどこの曲ポルノグラフィティにしてはマトモな事いってるよね
アゲハ蝶とか

  旅人に尋ねてみた
  どこまで行くのかと いつになれば終えるのかと
  旅人は答えた
  終わりなどはないさ 終わらせることはできるけど
  そう… じゃあ お気をつけてと
  見送ったのはずっと前で
  ここに未だ還らない
  彼が僕自身だと気づいたのは
  今更になってだった



アポロとか


 みんながチェック入れてる 限定の君の腕時計はデジタル仕様
 それって僕のよりはやく進むって本当かい? ただ壊れてる



気が狂ったような支離滅裂の歌詞を素晴らしいメロディでカバーしてるヒット曲たち

空想科学少年の歌詞はここから
http://music.yahoo.co.jp/shop/p/53/157948/Y014866
このサイバーパンクみたいなマトリックスみたいな雰囲気の歌詞がすごくいい


まあそれはいいとして


最近こんな曲を教えてもらった

In the year 2525


1960年代の曲

歌詞はこちら
http://www.eigo21.com/03/pops/2525.htm


 In the year 2525
 If man is still alive.
 If woman can survive, they may find.
 西暦2525年
 もし男がまだ生きているなら
 もし女が生き長らえるなら わかるだろう。



この調子でずっと1万年経つまで未来を語る曲なんだけど
なんとなくこの世界観が空想科学少年と似てる気がした
空想科学少年の方がまだ明るいかな・・・


どうでもいいけどブレードランナー(82年)以降のSF映画は殆ど全てそれの影響を受けて暗い雰囲気になってるっていうんでIn the year 2525もブレードランナーの影響受けてるのかと思ったらもっと古い歌だった

こういう暗い未来を描いた物ってのは一番最初はどこなんだろう

この記事のトラックバックURL

http://tabisamanonikki.blog116.fc2.com/tb.php/143-636067bd

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。