スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Popo Loouise

毎週木曜日は妹とスポンジボブを見てるんだけど
その前に放送されるみんなの歌で、最近流してる曲
Popo Loouise

なんだか頭に残る曲
メロディもそうだけど、歌詞の「宝物の箱をママが捨てた するとパパはだまって窓を全部閉めた」がすごく印象的だった 意味がわからなくて
どれくらい印象的かというとリズム天国に全意識を集中していながらもここだけ歌詞が入ってきたくらい

みんなの歌公式
によるとこの曲の物語は・・

【幼い少年が、愛犬PoPoLoouiseにいざなわれて辿り着いた先は、不思議な夢の世界だった。今まで見たことのない風景、遠くから聴こえてくる幻想的な歌声。遠い異国の言葉のような詩の意味は解らないけれど、なぜか懐かしいような暖かい気持ちになって来る…】



うーむ・・・宝物の箱~と関連性が見出せない

サビの「サボテンの花が咲く季節にまたあえる、またあおう」というのはポポルイーズはもういないってことなのかな
調べてみるとサボテンの花は秋~冬に咲くらしい

1分30秒のあたりでポポルイーズと少年がさらに小さい頃の風景が流れて、その周りで親族がニコニコしてるところを見ると宝物の箱を捨てるような親には見えない・・・

だいたい「宝物の箱」は何を表してるんだ
ポポルイーズとの思い出の品だとしても窓を全部閉める意味がわからないしなあ・・・


何も考えずに宝物の箱~のストーリーを書いてみると

幼少時代から飼っていたポポルイーズが死に、毎日「またポポルイーズと『不思議な夢の世界』に行きたい・・・」とかいいながら遺品(宝物)を手に星空を窓から眺めてる少年を見かねた両親が宝物を捨て、黙って窓を閉めた

あああやべー絶対間違ってるけどこんな話しか思いつかない
どうにかしてくれよNHKでも誰でもいいからマトモな答えを書いてくれ
でも多分センター現代文満点とかの人でもこの歌詞に理由は付けられない気がする

他の部分はマトモなんだけどこの一文のせいで夜も眠れんわ

この記事のトラックバックURL

http://tabisamanonikki.blog116.fc2.com/tb.php/214-cf36da1c

コメント

わたしも-!
わたしもこの歌詞について考え中です!
最初の方の意味がさっぱりわかりません、、

あと、一番最初のローマ字の歌詞は何語なんでしょうかね~

謎だらけです 笑
もしよかったらお返事待ってます。
はじめまして!
僕は最初らへんの[宝箱捨てた]ってとこのフレーズは…
 
宝箱=ポポルイーズ
で、ポポルイーズが死んでママが死体を埋めた(=捨てた)のをパパにゆったら窓をしめた(=思う存分泣きなさい的な意味)
 
このように解釈してます!
あの曲聴いてたら悲しくなります。。
本当の意味はなんなんでしょうかね?笑
>ちはるンさん
あのローマ字は何かの言語にも見えますけどそれにしたって一語一語が短すぎる・・・
きっと適当に思いついたメロディーにローマ字を当てただけに違いない!
E Le Vu Sha Ki La Ku Pa Di Ma To Ka Lei

>auさん
なるほど・・・
やはりあそこはきっとポポルイーズの死に関係のある歌詞ですよね
誰か正しい考察してくれないだろうか
ポポルイーズ
はじめまして。
宝物=ポポルイーズだと思います。
宝物の箱をママが捨てた=ポポルイーズが死んだので、ママが捨てた
するとパパはだまって窓を全部閉めた=パパが土に埋めた
と、いうことじゃないかな~?なんておもっちゃったりしてます。
人それぞれ考えて聞くことができるのでとてもいい曲だと思います。
ポポ('∪')
今さっきポポルイーズを聴き、心に残るケド、意味不明な歌だと思って携帯で検索してここのページを見させてもらいました。
何となく、あの歌の意味が分かったような気がします(o^∀^o)ヾ
色々と想像しながらで聴くとホヮァンとした気持ちになりますね(´`)
はじめまして。歌詞の意味全然別の想像をしてました。
宝物の箱うんぬんは象徴的な意味で、そこから窓を閉めたのち夫婦喧嘩が始まり、僕は両手で耳を塞いで現実からのがれようとするも鼓膜には両親の争う声が否が応にも響く。でも犬のポポルイーズはいつもそばにいてくれた…という感じです。
これも暗すぎますかね(汗
宝箱を捨てられて悲しんでた時に
愛犬のポポルイーズが慰めに夢の世界へ連れて行ってくれる
ってどこかのブログで解釈してる人がいましたよ。

宝物の箱=ポポルイーズは無理があるのでは?
窓をしめた=は少年の泣き声が外に聞こえない用にだと思います。


「サボテンの花が咲く季節にまたあえる、またあおう」
はサボテンの花が咲く季節に、ポポルイーズが夢の世界へ連れて行ってくれるのかも?

「またあえる、またあおう」ってのは夢の世界で
「E Le Vu Sha Ki La Ku Pa Di Ma To Ka Lei」
と歌ってる人達か、夢の世界そのものに「またあえる、またあおう」
と言ってるのだと私は思います。
はじめまして。私もこの歌が気になる1人で、こちらに辿り着きました。

私も歌詞の意味を咀嚼しきれてませんが、この歌を歌うUAさんは現在離婚して、息子さんが1人いるそうです。
だから個人的には、まこさんの解釈が近いのかもしれないと思いました。
歌詞の私訳
この曲 ほんとに気になりますよね。初めは外国の歌でストーリーがあって意訳の簡単な日本語訳で歌ってるのかなと思ってましたが全くのUAさんの作品なんですね。宝物の箱=貞操 を捨てママの心が他の人に移りパパは諦めのなかでひとり心を閉ざす。なんだかぎくしゃくした寒々とした家庭のなかで 坊やが幸せだったころの象徴のような ポポを懐かしみ ここでないどこかに憧れる・・・なんてくら~い歌かなと思ってました。 UAさんのほかの歌も聞いてみたいな。
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。