スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

整形

http://www.asahi.com/science/update/1109/TKY200811080180.html

遺伝子変えて「酒豪マウス」 アルコール依存解明の一端

細胞でカリウムの濃度調整にかかわっているたんぱく質の働きを抑えると、マウスが「酒飲み」になってしまうことがわかった。
おなかにエタノールを注射して5~15分間の行動を観察すると、遺伝子改変マウスは5分後では動きが鈍るものの、10分後はやや回復。4日後の実験では、10分後には完全に回復するという、酒に強いマウスになっていた。ふつうのマウスは動きが鈍り、15分後でもいわゆる「酔った」状態になっていた。4日後に同じ実験をしても結果は変わらなかった。



これは・・・
顔の整形は今はかなり普及してるけど、遺伝子の整形する職業が出てくるかもしれないね

昔は顔の整形とかめっちゃ敬遠されてたけど今は昔ほどじゃないし、遺伝子の整形も今は「いや・・・これはヤバイだろ・・・」とか思うけど
もし商売になって、やる人が増えて、たとえば遺伝子操作で酒にめっちゃ強くなりました^^とか睡眠時間3時間くらいでも問題なくなりました^^とか超人が量産されてき始めて、うらやましがる人が増えてくると遺伝子操作屋はだんだん今の美容整形のように、若干敬遠されつつも一般化する時代が来るかもしれないねー

この記事のトラックバックURL

http://tabisamanonikki.blog116.fc2.com/tb.php/224-696aa008

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。