スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月20日(火)

7時に起きるが 略
サムジョージカルロと少し話をして時間をつぶし11時ごろホステルを出てSUBWAYを食べる

店員「君日本人?」
たび「はい」
店員「じゃあこのサンドはARIGATOUGOZAIMASHITAね」
たび「はい?」
店員、隣の店員に向かって
店員「おい こいつ日本人だからちゃんとARIGATOUGOZAIMASHITAっていえよ」
店員2「OK ARIGATOUGOZAIMASHITAに何をいれる?」
たび「はあ どういたしまして レタスとトマトで」
店員2 レジに向かって
店員2「彼日本人だからこのサンドはARIGATOUGOZAIMASHITAサンドな」
レジ「OK ARIGATOUGOZAIMASHITAサンド6ドル」
たび「どういたしまして」

ここのSUBWAYの店員は面白かった


今日はついに自由の女神を見に行くことにする
地下鉄に乗り 南に向かって終点までいく
向かいに座っていたのは金髪の黒人の女だったんだけど 何かおかしい
妙に面白いというかこっけいというか
悟られないように帽子を深く被りなぜそうなのか考える


黒人女 金髪
こいつは日本のガングロ女の天然バージョンだったのだ
日本でガングロ女のイメージが悪いせいで滑稽に見えてくる彼女かわいそうです
特に日本人視点からして







降りて海岸のほうを見るとすぐ自由の女神が!
megami3.jpg

自由の女神


実は自由の女神っていうのは海の向こうのリバティ島に立っているのだ
他国との貿易で船がアメリカに来るとき船員たちを出迎えるためにみやすい位置にいるんだとか

そしてリバティ島に渡るには船に乗る必要があるんだが
feri.jpg


なんとまた狂ったように列ができていた
エンパイアステートビルの悪夢がよみがえる・・・/(^o^)\

しかし自由の女神を間近に見ずに帰るわけには行かないので仕方なく並ぶことに


並んでるあいだ前にいた人がハトにプレッツェルをあげていたがまったく無視していた
プレッツェルといえばブッシュが喉に詰まらせて死にそうになった事で有名だがもしかしたらこのハトはブッシュのハトで同じくプレッツェルが嫌いなのかも


後ろに並んでいたバアさんがスキさえあれば抜かしてやろうというオーラをバリバリ出していた
これは世界共通なのか
もしかしたら本能なのかもしれない


やっとセキュリティチェックを終えて 船でリバティ島へ
しかし雨と風で観光どころではない 寒すぎる
クツも水が入りまくって悲惨なことになっている
周りを一周しながら適当に写真を撮ってみやげ屋に入りポストカードを買い即帰る

megami4.jpg

裏自由の女神
megami5.jpg




帰っても雨がやむ気配は無かったのでテレビをみてすごすのであった




おまけ:低カロリーが売りなSUBWAYは躊躇なく他のファストフード店と比べるのであった
VERSUSの下にあるのがビックマックやWhopper(バーガーキングのメインバーガー)との比較
sub.jpg


ちなみに日本でこれをやると訴えられます

この記事のトラックバックURL

http://tabisamanonikki.blog116.fc2.com/tb.php/51-6d8ffe3f

コメント

定員で吹いたwwwwwシュールww

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。