スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tokyo Meter

あの神映画、Carsがボルトのおまけ短編として帰ってきた!
その名も「Tokyo Meter」





Carsに出てきたメーターが、道端で動けなくなっている日本車を見つけて海のそこを通って日本まで牽引していったけど、族に因縁をつけられて東京タワーのてっぺんまで改造パーツをかけてレースをすることになってしまう話
何だかワイルドスピード3を見ているような気持ちになりますがパロディでしょう


ところで日本車がシャコタンになってたりライトでキラキラだったり日本の文化や東京のディティールとは反対に車のほうはわりとよく調べてあるなー と思ったけど
アメリカじゃシャコタンなんてやってる人いるのかな?アメ車は頑丈だしわりと向いてる気がする
で調べてみた
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1117787526

Q.爆音マフラーにしたりシャコタンに改造したりしている人はヨーロッパとかアメリカにもいるんでしょうか?

A.私が以前アメリカに行ってた頃は、極端なシャコタンやカラーリングやオーディオのモデファイ等を施した車はたくさん見てました。だけど日本と違うのは走る姿は殆ど見なかったと言う事です。
例えばコンテストとかショーに参加する為にトランスポーターに乗っけて走っている姿は見てました。つまり、実用にはちゃんとした車があって、自己のホビーと言った位置付けで、とても触れる事が出来ない位のディティーリングや乗れない(走れない)位の車高や、現実的でないオーディイオ等でみんなの注目を集めるといった感じだった様な気がします。モデファイの度合いにもよりますが、普段走る車は大きな改造を施した車はそんなに無かったと思います。



うーむ さすが日本は進んでるな アメリカはまだ実用段階じゃない

この記事のトラックバックURL

http://tabisamanonikki.blog116.fc2.com/tb.php/510-a2644bb6

コメント

どう見ても最後の歌が韓国語です本当にありがとうございました

町並み見てたらNeotokyo思い出してきた
初夏までに出すとか言ってたけどどうなんだろう・・・
まじタビヤンじみている

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。