スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国歌斉唱拒否

なんで日本人?の一部は国歌斉唱拒否するん?
正直日本人?なら国家くらい歌えよって思ってた
郷に入っては郷に従えって


アメリカで教会 といってもプロテスタント系なので普通の家 にいってきた
*カトリックとプロテスタントの違い
カトリック=いわゆる教会に集まる ローマ法王や司祭が聖書にカラスは白いと書いてあると言えばカラスが白くなる派閥
プロテスタント=いわゆる教会ではなく個人の家などに集まって皆で聖書を見て、「聖書にはカラスは黒いと書いてあるけど、ほんとは緑色って言いたかったってことだよね」と解釈しあう

正直宗教に抵抗のあるおれは玄関に置いてあった出席ノートの名前を書く欄の一番下に「私は神について他の人と真剣に会話することを望んでいます」チェックボックスを見ただけで内蔵が全部鼻から飛び出そうだった

全体の流れとしては
食事←一番の目当て
自己紹介

話を聞く
聖書解釈
だった

歌のパートではやっぱりカーペンターズとかではなくキリスト教の歌をうたうんだけど・・・
「I love you Jesus」
「Oh Jesus look at me」
「Jesus fucking yeah!!!」
リアルにこんな感じである

国歌斉唱拒否する日本人?のみんなの気持ちが深ーーーーーーーーーーーく理解できた


聖書解釈では聖書の一部を渡されてグループに分かれてその部分について話しあうんだけど・・・
信者A「キリストはなんで今更John the Baptistこと洗礼者ヨハネに洗礼される必要があったのかな?」
信者B「洗礼しないとキリスト教徒になれないのにね」
信者C「洗礼されることで神と対話できるからだよ」
なんてことをする

その中にキリストが「この地球と天国の力は全てわたしにある(うろおぼえ)」みたいなことをいっているところがあったので、どうにか目の前のキリスト教徒たちの口を閉ざしたかった俺はこんな質問をしてみた
俺「地球と天国ってあるけどじゃあ月や火星には神の力は及びませんよね」
信者A「いや、この文を見る限りでは地球と天国というのは現実と精神の世界を指しているとも捉えられるだろう なので月や火星にも神の力は及ぶ」

クソッ・・・これがプロテスタントの力・・・

そんなこんなでキリスト教は俺に合わないことがわかった
次はサイエントロジーだな

The cove

巷で噂のThe coveみました
Flipperという人気番組のイルカ調教師をやっていたプーチンかロシア人スパイのような顔をしたRicは、あるひ調教していたイルカがストレスで自殺をするのをみて全てのイルカを海に返そうと決意する
和歌山県の太地で行われている囲い込みイルカ漁の漁場では、入江が二つに分かれていて片方では水族館へのイルカの売買、もう片方では売れなかったイルカの処理を行っている
イルカの処理を行っている方の入江は高い岩に囲まれている上、道路から中に入るには二つのバリケードで閉ざされたトンネルを通らなければならない
イルカを処理している間は誰も入れなくなっている
これをなんとか動画に納めようと、RicやOPSの人たちは高い岩対策にビル上りのエキスパートを呼んだりハリウッドの小道具係のところへいって岩に擬体した隠しカメラなどを作ってもらう
そうして作られた映画がThe Cove

イルカ漁をする理由としては水族館用、観賞用、イルカと一緒に泳ごうプログラム用のイルカを世界中にさばくことらしい
俺も知らなかったけど日本は太地町のおかげで世界一のイルカ輸出国だったのだ・・・
イルカ一匹のあたりの利益も莫大で、最大$150,000、1350万円くらいなのだ
人口3289人の太地市としては絶対にどうあがいてもやめるわけにはいかないだろう

太地町は元捕鯨でも栄えていた町で、「鯨の町」のような看板やイルカのイラストが書いてある壁などがそこら中にある
これらのイラストをThe Coveの映画を通じて見ると非常に皮肉った絵のように見えてくる
ちなみに1985年にIWC(International Whale Commission)が捕鯨を禁止したおかげで太地町での商業捕鯨は行われていない

処理したイルカの肉は食用として売られたり、肥料にされたりする
4メートル未満の鯨はイルカであるのでスーパーでは鯨肉として売られるのだ
ところで鯨肉はくじらにくではなくげいにくと読むらしい
しかし、イルカの肉には水銀が蓄積しており、人体に影響を及ぼす可能性があるため、あまり食用に適しているとは言えないようだ

映画の事実の部分はこれくらいで、あとは感情論に振り回されるような人々を対象にした話が続く
Ric「彼女は俺の腕の中で自分で息を止めて自殺したんだ」
ダイバーA「イルカと泳ぐなんてゴージャスでグレートだわ」
ちょっと刺されたイルカが網から逃げてくる→「イルカが一匹私の方に逃げてきたの、息をする度に血がでてかわいそうだったわ(半泣き)」

東京の日本人に「日本でイルカが食用にされているんですが知っていましたか?」というシーンがあるんだけど
そこではみんな「ありえないー」みたいに答えている
日本人的には「イルカが食用として食べれる」なんて「ありえない」んだけど
この映画を通してみると、「かわいいイルカが食べられている」なんて「ありえない」に見えてくる

事実を混ぜつつ観客が感情に流されるのを誘う
まあでも映画ってこんなもんか?

個人的な意見としては、一匹1350万円で売れるイルカ漁を禁止したら3000人しかいない太地町は明らかに崩壊するだろうし、世界一のイルカ生産国である日本でイルカが取れなくなったら世界中の水族館のイルカがいなくなり明らかに寂しくなるのは間違いないので、イルカ漁は禁止すべきではないと思う
しかし、残ったイルカをどんどん刺し殺すというのは別にやる必要はないし、イルカクジラ肉よりもビーフやチキンやポークの方が好きなので、イルカを売ったあとは逃がしてやればいいと思う

ちなみに、The Coveは映画としてはわりと面白い
深夜の入江にサーモカメラ、ナイトビジョン完全装備で盗撮カメラを仕掛けに行くところはリアル・ミッションインポッシブルのようで、実際にやっているというところがちょっとハラハラする まあ違法なんだけどね

全体的には、イルカ漁は別に法律にもIWCにも禁止されていない以上、イルカ漁に文句をつける根拠は一つも無いので、The Cove側だけが立ち入り禁止区域に入り、隠し撮りをし、名誉毀損、違法行為を行っているが、
イルカ漁での余ったイルカはにがしてやればいいのに、と思う

The Cove Trailer

間違い探し

matigai.png
何かが間違っている

恐怖のサイエントロジー

サイエントロジーの教祖、L.ロン・ハバードの新作小説が発売されたので、ショッピングモールにそれの販促とサイエントロジーの規模拡大のために小さい個店ができていた
DSC02392.jpg

サイエントロジーはどんな宗教なのかわかるサウスパークの話
http://say-move.org/comeplay.php?comeid=4928&fmt=22

DSC02344.jpg

テスト受けてみたかったけどわりと混んでいたのでやめた
それにしても右側の人目が恐ろしい

でる

デル株式会社
でるののーとぱそこん
のバナーをはるとアフィリエイトの報酬がもらえるというのでつい
裏の模様かっこいいね Iphoneの方が欲しいけど

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。