スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Poker Face

Lady GaGaの歌うPoker Face


Lady GaGaといったらただの髪型馬鹿の前衛的アーティストか誰かだと思ったらかっこいい歌うたってるのね
qzf801.jpg
       ↑俺の中のイメージ


豚のように美しくなりたい写真にはない美しさがあるから

ふと本屋で見つけた「BEAUTIFUL PIGS」
BP.jpg


BP2s.jpg
美しくブリリアントな世界中の豚たちが紹介されている
しかし需要あるのか?


アメリカ右左

教師が皆左翼的な人間だったのでそれを言ったら超ニコニコして「そう思う?そう思う?」って聞いてきた

ということを考えていたら、辞書で右・左を引いたときどうやって説明するのか気になったのでひいてみた


右-東に向いたとき南にあたる方。大部分の人が、食事のとき箸(はし)を持つ側。
左-ひだり。ひだりの方。
(Yahoo辞書)



左はちょっと適当すぎるけど常識過ぎて説明できないというのはわかる
日本では右手は箸を持つ手だが・・・アメリカではハンバーガーをつかむとき最初にハンバーガーにあたる手になっているのかと思い英語辞書もひいてみた


右-だいたいの人が物を書くときに使う手
左-心臓が入っている側
(longman dictionary)



そういうわけで、アメリカ人だからといって食べ物のことばかり考えているわけではないようです

Paranormal Activity

Paranormal Activity 評価:★★★★☆
pa2.jpg


郊外のある家に引っ越すなり、謎の怪奇現象に悩まされていたケイトとミカは、亡霊の証拠を押さえるためにケイトとミカはビデオカメラを家に設置することにする。これから起きる恐怖への準備をできないまま・・・





今まで見た中で最高のホラー映画でした(今まで見たホラー映画が5本にも満たないから)
昼の場面では登場人物がいろいろなことをしゃべり自分の家について調べたり、自分のことについて話してみたり新しく買ったカメラを遊んでいるのだけど、夜の場面になると必ず何かがおきる
”何日目の夜”と表示されたあとに必ず何かが起こるとわかっているのでその瞬間が一番緊張して怖い
これはファイナルディスティネーションにも同じことを思ったけど焦らして怖がらせるのは最近のトレンドなのかな?
とにかく、音で怖がらせるのがメインの映画ではない
ちなみにこの映画で覚えた新しい単語”Demonologist” アメリカではこんないんちきくさい人にも単語が割り振られているのね


この映画はもともとインディーズの映画祭に出された制作費120万くらいの映画だったのが、あまりに出来がよかったためにドリームワークスがリメイク権を買い、リメイクしようとしたんだけどあまりの怖さにリメイクできなかったーということでそのまま上映した映画らしい
たしか封切は10月後半で、そのときはアメリカ全土で150館しか上映してなかったのに興行成績5位に食い込み、次の週では760館に増え興行収入は上がり3位へあまりの好評ぶりに公開映画館は増え、1945館へ増やし、3週目だというのに1位を獲得するという口コミと評判で売り上げと公開館数がうなぎのぼりになるというものすごい事を達成しています

Where the wild things are

Where the wild things are(かいじゅうたちのいるところ) 評価:★★☆☆☆
where_the_wild_things_are_ver2.jpg


家でも学校でも誰からも理解されないやんちゃな少年MAXは壮麗で、たまに獰猛なかいじゅうたちのいる島へ逃げ出す。かいじゅうたちはMAXをリーダーにしてあげ、MAXはみんなが幸せになれる王国を作ると約束する。しかしMAXはすぐ王様になること、かいじゅうたちと一緒にいることが簡単ではないことに気づく。



なんていうか何を言おうとしているんだか全くわからない映画でした
わかるにはわかるんだけど何かいろいろと足りない・・・
ちなみに元は有名な児童書だとか
ただしかいじゅうたちのCGはすごくよくできてる CGに興味があるなら見に行くといいかも
CGに興味あるなら2012いったほうがもっとすごいけどな

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。